小学校のときからローマ字も書けない読めない状態でした。
そのため中学校の最初の授業からついていけず、「英語が分からへん。
先生が宇宙語しゃべってる。」と言っていました。
5月頃、その状態からビクトリーで基礎から教えてもらい、1年後に成績が伸び始めました。
子どもの性格を考えると個別が良いこと、少人数であること、何よりも先生との信頼関係がないと成績は伸びなかったと思います。

 1 わからないところをわかるところまで戻って教えてくれること
 2 勉強に関する豆知識を聴けるのが嬉しい
 3 先生ができたことを褒めてくれる
 4 何より先生2人が大好き

子どもは「先生が一生懸命教えてくれるから、それに応えたい。先生のために頑張りたい。」とよく言っています。そのために、英語をがんばらないといけないと思っているようです。
今は英語が大好きになり、先生から借りている地球儀を見ながら、いろんな国にも興味を持ち「留学やホームステイしたいな。」と言っています。そのためにも、英語をがんばらないといけないと思っているようです。

多感な時期で、感受性が人一倍強いので、対人関係や学校の先生への不信感で体調を崩し、エネルギーを使い果たして、学校に行けなくなった時でも、塾だけは「行く。」といって頑張ってくれました。子供の興味を引き出し、勉強にエネルギーを向けるきっかけを作っていただきました。
本人の頑張りももちろんですが、信頼できる先生がいてくれるだけで、子どもには支えだったのだと思います。親もびっくり、英語の94点は鳥肌が立ちました。こんなに急に伸びるものなんですね。子供の可能性は無限だと感じました。最近では、家で英単語が飛び交う会話をしています。先生との出会いに感謝です。これからもお世話になりますがよろしくお願いします。

長男が5年生になった春、授業についていけないと言い始めました。担任の先生と相談し、宿題や課題を増やしていったところ、夏休み前には「学校に 行きたくない」と。ビクトリー学院の「ひとりの子どもとの出会いを大切に」の言葉に惹かれ、ここに行ってみよう、となりました。
初日、得意なところをほめてもらえたと喜んで帰ってきてからは、勉強が苦痛でなくなり、「わかる喜び」を実感しています。今は元気に学校に通い、目に見えてテストの点数も上がりました。勉強がわかりだすといろいろなことに興味を持ち、笑顔が増え、進んでお手伝いも。子どもにとって「やる気」は全ての原動力、上手に引き出していただいたことをとても感謝しています。 (N さん)

日々の子育ての中で、自分が子どもにしてあげていることや、自分の子どもへの接し方が正しいかどうかはだれにも分からないし、だれも評価してくれません。子どもが成長したときに振り返って、「ちょっとは正しかったのかなぁ、間違っていたのかなぁ。」と自分で感じるのが精一杯で、子育てはとてもしんどく不安なものだと思います。
そんな中で、私が子どもと接する時に学習面で心がけてきたことは、柴田先生から教えていただいた、「自分でこつこつ勉強する子に育てる。」というノウハウでした。私はとてもラッキーでした。子どもが生まれる前に柴田先生と出会い、仕事のお手伝いをしながら、いろいろな幼児教育の話を聞くことができたからです。
それは、小さな頃からいろいろ覚えさせるといった詰め込み教育ではなく、「右脳を鍛えて、集中力をつけておけば、将来楽よ。」ということでした。子ども達には、アドバイスされるままにいろいろなことをしました。というか、先生に貸して頂いたおもちゃやカードで、毎日一緒に遊んだだけなのですが。その結果、私には3人子どもがおりますが、3人とも「自分でこつこつ勉強する子」に育ちました。質問してきたことに対しては、教えたり一緒に考えたりしてあげましたが、それ以外は「勉強しなさい。」と言わなくても、興味と集中力をもって自主的に勉強していました。
そして、”がり勉”をしなくても、部活と勉強の両立ができ、長男は中3の時模擬テストで京都府1位を取りました。今は大阪大学の大学院生で、早々に希望する就職先も決まりました。次男は、小学生の時から週3回体操教室に通い、小6の時には京都府の府民総体で総合優勝しました。そんな体操に明け暮れた日々を送りながらも、中3のときに学校で行われた全国一斉学力テストで英語、数学のどちらも100点を取りました。現在は筑波大学生です。
長女は中3最後の五木模試で山城地区1位、京都府で4位までいきました。現在は充実した高校生活を送っています。
最近よく、「どうやったら本好きになるの。」とか「勉強しなくて困るんだけど。」とか「勉強してもちっとも覚えられなくて。」という相談を受けますが、文を読んだときに、内容をイメージできる力さえついていれば、自然とできるのだと思います。一緒に遊んであげる時期に、その方法を知って遊んであげたら、小学生になった時、そしてそれ以降もずっと親子ともにとても楽です。 小学年・中学生になってから慌てて、できない子にイライラしたり苦労するよりも、小さいときにしっかり関わってあげることが大切だと思います。そうすることで、学校の授業を授業中に理解し、身につけ、自分の好きなことをする余裕が生まれ、楽しく前向きな生活を送る事が出来るように思います。子育てを終えようとしている今になって、幼児教育は大切であると実感しています。そして、子ども達に絶妙なタイミングで色々なことを教えてくださった柴田先生にとても感謝しています。楽しく遊びの感覚で、集中力や理解力を身につけるタイミングを逃さないためにも、是非ビクトリー学院で幼児教育を受けてみてください。 (樋口まり子さん)

息子は中学3年生になってビクトリー学院に入りました。あまりの成績の上りように担任の先生もびっくりして、「いったい息子さんに何があったんですか。」と聞かれたので、「塾を変えました。」と言ってきました。息子は、「ビクトリー学院は勉強しやすい学習環境が整って、先生にいつでも質問できる。前の塾とは天国と地獄だ。」と言っています。過去の2年間が悔やまれます。(奥西さん)
彼は、廣学館高校の大学進学アドバンス特待生になり、現在同志社大学 法学部に進学しました。

子どもが中学校1年生の夏、某進学塾の講習を受けました。そのときに「こんな成績では、到底公立高校なんて無理!」と一喝されたそうです。まだ中学校に入って1学期が終わっただけの時点でそんな風に言われたのも、子どもの心に深く傷となって残ったのか、塾に行くことをひどく抵抗しました。いよいよ進学を考え始める時期になって、ようやくめぐり合えたのがビクトリーでした。他の進学塾のような押しつけ感や強制感がなく、自主的な学習を見守ってもらえたようです。おかげさまで行きたくないとは一度も言うことなく進んで学習することができました。また創意工夫された教材も大変わかりやすく、受験だけでなく定期テストにもとても役に立ったようです。京都以外の受験校を選ぶことになった際にも、色々とお骨折りをいただいたようで本当にありがとうございました。
(O様)

ビクトリー学院の学習方法は、娘には合ったようで親子ともども先生に出会えたことを喜んでいます。もっと早くに知っていたらよかったと思います。娘は数学がずっと嫌いでしたが、ビクトリー学院で学習するようになって、分からないことが理解できるようになり、小さな自信を持てるようになりました。苦手な数学が通知表に「5」がついたのは、すごくうれしかったようです。中学1年・2年の学習不足を、あと5ヶ月ですが、取り戻すことができるようにがんばってもらいたいと思います。質問しやすく、弱点に対して、即個々に対応してくださって本当に感謝しています。今後とも、よろしくお願いいたします。

(H様)