子どもの学習意欲が起きるオリジナル教材

私は自分が運営する学習塾で、子どもが「わからない」と口にする度に、一生懸命説明をしてきました。子どもから出た質問をその場で理解させることは、それほど難しいことではないかもしれません。でも席について次の問題に向かうと、また「わからない」を口にします。いったいどうしたら実力が身につくのか、考える力が養えるのかと悩み続けました。その結果出た結論は、先生の説明を聞いてその場ではわかったような気がしても、結局は身につかない、自分で納得しながら問題を解いていかなければ、実力はつかないということでした。
子どもに自分の力で問題を解いてもらう。そのためには、ステップを細かくする、考えやすいようにイメージがわくような工夫をすることが、要求されました。子どもが「わからない」と言う度に問題を作り続け、何年もかけて出来上がったのがこの分野別教材です。

子どもを指導していると、前の学年で学んだことがよく理解できていなかったり、忘れてしまったりしていることが多々あります。そんなとき、すぐに復習できるものがあったらと、いつも思っていました。また、学習意欲のある子どもは、その学年で習うことにあきたらず、もっと先を学習したくなるものです。そういうときに、分野別教材だと自由にさかのぼって復習したり、逆に先取り学習をすることも可能です。そういうわけで、この教材は指導現場の中で必要に迫られてできた教材であり、私が指導してきた子ども達によってつくられた教材であるといえます。ですから、このテキストは単なる問題集ではありません。小数を勉強する際の手引書として、使用していただけたらと思います。私が指導してきた目の前にいる子ども達のために作ったものが、ひとりでも多くの子どものお役に立てれば、これほどうれしいことはありません。

画像の説明